こころ、つながる家づくり。
「つなぐ」はご家族が幸せへ向かうぴったりの建築会社へつなぎます。

営業時間: 9:00~18:00

大手ハウスメーカーを訪問して感じること①

time 2016/12/06

先日、3階建て三世帯住宅をお考えのお客様と、大手ハウスメーカーMホームの本社へ行ってまいりました。
建築会社に勤めているときには、絶対に入ることのなかった本社の中に入るのはとても刺激的で、もしかしたらお客様より私の方が興奮していたかもしれません(笑)。
住宅展示場ならお客さんのフリをして何度も行きましたが、本社はさすがになかったですね…。
もちろんお連れしたお客様も大喜びです!
今回の家づくりへの力の入れ具合が伝わります。(※終の棲家としてお考えのため)
お客様のご希望は大きく分けると4つ。
「強い」「長持ち」「将来リフォーム可能」「プライバシー重視且つ日当たり重視」です。
ご希望からも、また大きさからも木造住宅というより鉄骨住宅の方が向いているように感じ、鉄骨のメーカーさんで趣きの違うところ数社をご案内することにしました。
鉄骨の良さと木造の良さ、それぞれあります。
お客様の中には「〇〇ハウスで建てたい!」という夢をお持ちの方もたくさんいらっしゃいます。しかし、大切なのは固定概念で見ないで常にニュートラル・フラットなところからスタートしてほしいです。
もちろん私にご相談があった場合は違います。今回のようにご要望をお伺いした時点で推したい会社は決まってきます。なぜなら私は会社ごとの特徴を建築プロとして見ていますので、長所短所含めそのお客様に最適な会社を見つけ出せます。
なかには「いろいろ見たい!聞きたい!悩みたい!」という方もいらっしゃいます。
勉強としてはとても良いことです。でも、たくさん見れば見るほど何が本当で何が間違いなのか分からなくなってきます。
住宅展示場に行って感じるのは、とにかく隣同士にわんさかライバルがひしめくあの状況ですから、躍起になって他社つぶしをするのは仕方がないことなんだなぁ…という事です。
「自社が正しくて近隣他社は間違っている!」という風潮がどの会社にもありますから、たくさん聞けば余計に分からなくなるのです。
結論から言うと、『彼らの言葉に乗ってはいけません!』です…。
彼らが言ってくるのは、とにかく「極端な事例」です(笑)。
そんなこともない…!です。

まずは「大手ハウスメーカー」と「地元工務店」との違いから知ると良いと思います。
区分けとして、「大手」「中堅」「地元工務店」などの3社聞いてみるのか、その3つのうちのどれかに絞って、例えば「地元工務店」だけを3社聞いてみるとかが良いと思います。
それぞれの長所短所、そこをしっかり知って臨むことが大切です。
今回同行させていただいたお客様も、「たくさん見たい!」とおっしゃいました。
でも何を見たいかと言うと「内装」「家具」「間取り」なのです。
どこのメーカーが見たいという訳ではないのです。
たくさん見るのは家づくりをする会社を決めてからでも遅くないです。
決めた会社とより長く打合せをした方が絶対に良い結果を得られます。

入り口の建築会社選び…。ここさえ間違わなければ結果は必ず付いてきます。
だからこそ入り口できちんと判断をして上げられる、私のような人間が必要なのではないかと思っているのです。

コメント

  • なるほど!
    家づくりには入り口が一番大切なのですね
    でも、建築会社に得手不得手ってそれほどあるんですか?
    担当者が熱心なら良いようにも思うのですが?
    何を基準に選ぶのか…次回の更新を楽しみにしています

    by 10年後にはリフォームしたい €2016年12月9日 1:06 PM

    • ありがとうございます。
      得手不得手というよりそれぞれ分野があって、それが若干違うのです。
      だから元々の住まいはマンションか?一戸建てか?
      また一戸建てだったら鉄筋?鉄骨?木造?などなど…、それによっての違いがあるってことですね。

      今後そういう点もブログに書いていきます。
      ありがとうございます!

      by tsunagu-ie €2016年12月10日 8:44 AM

down

コメントする




オフの「つなぐ」

建築会社情報

日々のできごと